申請できる障害年金の種類


 申請できる障害年金の種類

 

 障害年金はその障害の原因となった病気やケガについての初診日 にどの年金制度に加入していたかにより、申請できる障害年金の種類が異なります。

 

初診日に65歳以上の方又は65歳以上で障害状態になった方は原則として、障害年金を申請できません。

(例外) 初診日が年金制度加入中で障害認定日に障害状態であった場合は、現在65歳を過ぎていても障害年金を請求することができます。

初診日について詳しくはこちらです 

 

 障害基礎年金

  • 初診日に、自営業者や専業主婦(夫)、学生等が加入する国民年金に加入していた場合
  • 国民年金に未加入であった20歳前の病気やケガにより障害の状態になった場合 (保険料は払っていなくも大丈夫です)
  • 国民年金に過去に加入したことのある人で、60歳〜65歳未満の間に初診日のある病気やケガで障害の状態になった場合

 障害厚生年金

初診日に、厚生年金(会社員・会社役員等)に加入(保険料を給料から差し引かれていた)していた場合

▲このページのトップに戻る