障害年金の対象となる傷病名

主な傷病名は次のとおりです。

これがすべてではありません。

障害年金をもらうには、法律上の様々な条件があります。

傷病名に該当するからといって、障害年金を必ずもらえるとは限りません。

まずは、ご相談ください 

(1)
糖尿病性網膜症、糖尿病性白内障、白内障、緑内障、ベーチェット病、網脈絡膜萎縮、網膜剥離、網膜色素変性症、癒着性角膜白班、角膜潰瘍、角膜混濁、瞳孔閉鎖、ぶとう膜炎、角膜変性症、視神経萎縮、、トラコーマ睫毛乱性、トラコーマパンヌス、無眼球、眼球萎縮、腎性網膜症 など
(2)聴覚
神経性難聴、感音性難聴、頭部外傷又は音響外傷による内耳障害、メニエール病(聴力)、ストマイ難聴、突発性難聴、薬物中毒による内耳障害 など
(3)そしゃく・言語
喉頭腫瘍(咽頭腫瘍及び喉頭癌を含む)、咽頭摘出後後遺症、上下顎欠損、上顎腫瘍、失語症 など
(4)鼻腔機能
外傷性鼻科疾患(鼻欠損による鼻呼吸障害) など
(5)肢体
上肢又は下肢の離断または切断障害、外傷性運動機能障害、上肢又は下肢の運動機能障害、脳出血、脳血管障害、脳血管障害による後遺症、脳梗塞、脳腫瘍、脳卒中、脳血栓、脳軟化症、くも膜下出血、脳内血腫、脳循環障害、脳動脈瘤、脳挫傷、脳塞栓症、脳虚血性壊死、ビュルガー氏病、ギランバレー症候群、パーキンソン病、パーキンソン症候群、進行性スモン病、進行性筋ジストロフィー、筋緊張性ジストロフィー、進行性筋萎縮症、多発性硬化症、ベーチェット病、頭部外傷、、脊髄損傷、頚髄損傷、脊髄性筋委縮症、強直性脊髄炎、膠原病、変形性膝関節症、突発性大腿骨頭壊死、骨髄炎、クーデンベルグベランデル氏病、、レイノー氏病、骨腫瘍、脳性小児麻痺、脊髄性小児麻痺、全身エリテマトーデス、重力筋無力症、関節性リュウマチ、胸椎黄色靭帯骨下症、ムコ多糖症など
(6)精神
老年及び初老期認知症、その他の老人性精神病、脳動脈硬化症に伴う精神病、アルコール(薬物依存)精神病、頭蓋内感染に伴う精神病、統合失調症(精神分裂病)、妄想性障害、非定型精神病、老年痴呆、動脈硬化性痴呆、外傷性てんかん、脳梗塞による器質痴呆、精神遅滞(知的障害)、アルツハイマー病、躁うつ病(うつ病)、てんかん性精神病、進行麻痺、自閉症、高次脳機能障害、その他詳細不明の精神病 など
(7)呼吸器疾患結核性・非結核性・じん肺
肺結核、膿胸、肺腫瘍、慢性気管支炎、気管支喘息、慢性呼吸不全、肺結核、肺気腫、石綿肺、じん肺、肺線維症、けい肺結核、結核性膿胸 など
(8)心疾患
慢性心包炎、リュウマチ性心包炎、慢性虚血性心疾患、僧帽弁狭窄症、僧帽弁膜症、大動脈弁閉鎖不全、大動脈弁狭窄症兼閉鎖不全、大動脈炎症候群、大動脈弁膜症、大動脈解離、肺動脈弁狭窄症、心筋梗塞、心筋症、突発性心筋梗塞症、うつ血性心筋症、狭心症、心不全、肝性心不全、動脈硬化性心疾患、洞結節不全症候群、洞機能不全症候群、動脈管開存症、アダムス・ストーク症候群、うつ血性心不全、冠動脈硬化症、WPW症候群、心房細動、拡張型心筋症、動脈硬化 など
(9)高血圧
悪性高血圧、高血圧性心疾患 など
10腎疾患
慢性腎不全、腎不全、慢性糸球体腎炎、慢性腎炎、腎炎、両側水腎症、ネフローゼ、糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎 など
11肝疾患
肝硬変、アルコール性肝硬変、多発性肝腫瘍、肝癌 など
12糖尿病
糖尿病、糖尿病性と明示されたすべての合併症
13その他(悪性新生物・血液・造血器など)
癌、子宮頸癌、直腸腫瘍、膀胱腫瘍、膀胱潰瘍、直腸狭窄症、クローン病、化学物質過敏症、白血病、HV感染症、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、再生不良性貧血 など

 

 

▲このページのトップに戻る